効果がより高いのは、オフィスホワイトニング?

後悔しない白い歯!ホワイトニングで納得の効果を得るために!

後悔したくないならホワイトニングの正しい選択から!

ホワイトニングをすれば、歯はすぐ白くなるという誤解

モデルさんのような白い歯にしたいとか、黄ばんでいる歯を何とか人並みにしたいとか、ホワイトニングの動機は人さまざまです。
しかしホワイトニングに対する空想が広がってしまって、効果が出ているのに出ていないと失望する人も少なくありません。ホワイトニングにもいろいろな種類があって、効果の出方が違うのも確かですが、こうしたトラブルには「ホワイトニングに対する理解が正しく得られていないこと」にも起因します。

効果が出やすいのはホントにオフィスホワイトニング?

歯を白くするためのホワイトニングには、「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」との2つがあります。一般には歯科医院に行ってドクターに直接施術してもらうオフィスホワイトニングが知られています。
医師が行ってくれるので、自宅で自分で行うホームホワイトニングより効果は高い
と思われています。それは正解でもありますが、一概にそれだけで片づけてはいけないとも言えます。

ホームホワイトニングの使われ方は1つだけではない

たとえばドクターに施術してもらって、「これ以上は白くならない」と医師が判断した場合、ホームホワイトニングとの併用をすすめられることがあります。
そうすることで歯の白さがアップすることもあるからです。施術後のケアとして使われることもあります。どちらがいいかを決めるのも、素人判断ではなく、まず医師に相談することが納得のいく効果を得る第一歩です。

後悔しない「正しい選択」をするために

歯を白くしたい本人が何の予備知識もなく医師と向き合ったのでは、基本の説明を聞くだけで貴重な時間が終わってしまい、肝心の自分の要望や動悸は伝えられないままです。
スッキリしないまま施術を受け、これが原因で不満になったり、効果が出ているのに出ていないと文句になってしまうこともあります。予備知識としてポイントをまとめておきます。

  •  歯を白くするにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つがあって、効果はどちらが高いと一概に決めつけられるものではない。
  • どちらを選択し、どのようなタイミングで開始するかは、歯科医師の問診やカウンセリングによって決まる。
  • 日本国内においては、ホームホワイトニングといっても、ドラッグストアなどで勝手に購入できる薬剤はない。個人輸入は有効性・安全性が確認されていないため危険。
  • ホワイトニングの薬剤に使われているのは過酸化水素(ドクター)や過酸化尿素(自宅用)で、成分としての大差はない。
  • 歯科医が扱う薬剤は家庭用の10倍の濃度があるので、歯の白さで言えば結果が出やすいのは確か。
  • 白さの結果には個人差がある。歯の状態によっては、ホワイトニングにも限界があり、それをもって「効果がないこと」にはならない。
  • ホワイトニングには痛みが伴うこともよくある。原因は薬剤による歯の急激な酸化作用。痛みがひどい場合には濃度を調整することで、白さの実現にも時間がかかる。
  • 自分がどの程度の白さを獲得したいかを事前に決めておく。日程が間に合わない場合もあり、思い通りにすすまないこともある。